営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

【2017年】センター試験漢文の対策とおすすめの勉強法

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、センター試験漢文の対策とおすすめの勉強法を解説します。

 

センター試験漢文の戦略

古文が固まっていれば、もっともコスパの良い科目

センター・記述問わず、漢文は全科目中”もっともコスパの良い科目”といわれています。

 

新たに覚えるべき事柄が、計100個前後の句法と漢字のみであり、深い知識が問われることもありません。

ある条件を満たした状態で漢文の学習に入れば、長くても2ヵ月、最短で2週間で、センターでは満点近い点数を叩き出すことも可能とされています。

 

“ある条件”というのは、ただ一つ。

『古文対策が完成している』ということです。

 

漢文には古文で使う知識も多数登場しており、古文知識がなければ”コスパが良い”科目にはなりません。

[clink url=”http://studybank.jp/centerkobun/”]

 

そのため本格的に漢文対策に入るのは、受験シーズン中盤~終盤になってくることでしょう。

スタートする時期が遅いことで不安になるかもしれませんが、それこそが”正しい漢文の勉強法”だということを念頭に置いておくといいですね。

 

句法暗記に全力を注ぐ

漢文対策で真っ先にすべきことは、句法の暗記です。

「これだけ」と言っても過言ではありません。

量も多くないので、短期集中で必要な句法を一気に覚えてしまいましょう。

 

句法暗記にかける時間の目安は、「知識ほぼゼロ」や「苦手意識がある」という場合は1ヵ月ほど、そうでなければ2週間前後と見積もってください。

句法暗記が終わったら、後はひたすら問題演習です。

過去問や各予備校出版の予想問題集を使っていきましょう。

 

センター漢文の具体的な勉強法

blank-paper-with-pen-and-coffee-cup-on-wood-table (1)

句法暗記

「漢文の知識がほぼゼロ」、「漢文に苦手意識がある」という場合は、『漢文のヤマのヤマ パワーアップ版』で漢文の基礎を理解していきましょう。

 

漢文のヤマのヤマ パワーアップ版

漢文のヤマのヤマ パワーアップ版

『漢文のヤマのヤマ パワーアップ版』は、「これ一冊でセンター満点レベルの実力がつく」ともいわれる良書です。

初学者にも取っ付きやすい構成となっているので、苦手意識があってもすんなりと読み進めることができます。

2週間で、書いてある内容がすべて理解できるように仕上げましょう。

 

『漢文のヤマのヤマ』が終わったら、『漢文早覚え速答法』を使って、より洗練された句法暗記に着手していきます。

 

漢文早覚え速答法

漢文早覚え速答法

「漢文の苦手意識は特に無い」という場合は、はじめから『漢文早覚え速答法』を使ってもOK。

(基礎知識がないと読みにくい教材なので、初学者には不向き)

 

こちらは『イガヨミ』と呼ばれる10の句法と、80ちょっとの漢字が収録されています。

『漢文早覚え速答法』の最大級の長所は、この本で紹介している句法・漢字を全て使用した長文『コレだけ漢文』が収録されているところです。

句法・漢字を一通り暗記したら、『コレだけ漢文』の音読をひたすら繰り返していきましょう。

 

問題演習

句法暗記が終わったら問題演習です。

センター試験の過去問(いわゆる赤本)を使っていきましょう。

 

センター試験過去問研究 国語

センター試験過去問研究 国語

過去問を10年分…といいたいところですが、最近のセンター漢文の傾向は大きく変わってきています。

今のセンター傾向の対策をするのなら、過去問は5年分ほどで十分でしょう。

 

5年分では足りないと思うので、不足分は各予備校の予想問題集で補います。

おすすめの予想問題集は、河合塾の『マーク式総合問題集』です。

 

マーク式総合問題集

マーク式総合問題集国語

予想問題集は丁寧な解説が魅力的なので、赤本の解説が難しく感じる場合は、こちらから先に手をつけるといいですね。

自分の実力に応じて、最初の問題演習教材は選んでいきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.