営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

【2017年】センター試験古文の対策とおすすめの勉強法

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、センター試験古文の対策とおすすめの勉強法を解説します。

 

センター試験古文の戦略

大筋は英語と同じ

「古文って昔の日本語でしょ?」と思っている内は、古文で高得点を取ることはできません。

場所が違えば言語が違うのと同じで、”時代が違えば言語は違う”のです。

 

古文を学習する際は、英語と同じように”別の言語を習得する”という意識が必須。

そのため古文学習の大筋は、英語と似通ったものになってきます。

[clink url=”http://studybank.jp/centereigo/”]

 

つまり、

単語暗記 → 文法習得 → 読解演習

という大枠に沿って学習するのがベスト、というわけです。

 

英語よりも遥かに短期で仕上げられる

ところで、センター試験における古文の配点比率は、900点満点中の50点分しかありません。

英語が200点満点であることを考えれば、”古文対策は英語ほど時間をかけるメリットがない”ともいえます。

 

また実際の問題を見れば分かりますが、古文で出題される文章は比較的少なく、使用されている単語数にも限りがあります。

入試英語で暗記すべき英単語は約2000単語といわれていますが、センター古文においては”わずか300単語前後”で十分といわれているくらい。

さらに覚えるべき文法の種類もそこまで多くありません。

 

センター古文は英語よりも遥かに短期で仕上げられますから、”苦手意識”があっても対策は十分可能です。

 

センター古文の具体的な勉強法

blank-paper-with-pen-and-coffee-cup-on-wood-table (1)

単語暗記

古文の本格的な対策をする前に、単語は一通り暗記してしまうのがベスト。

古文単語帳は、古文が好きか嫌いかでおすすめの一冊が変わってきます。

 

「古文が嫌い」、「苦手意識がある」という場合は、語呂合わせで単語を覚えるのが良いでしょう。

おすすめ単語帳は、『古文単語ゴロゴ』です。

 

古文単語ゴロゴ

古文単語ゴロゴ

出典:www.amazon.co.jp

 

しかし上のやり方だと、『単語を見る→語呂を思い出す→意味を思い出す』という流れになりますから、古文読解のスピードが落ちます。

ですから「古文が好き」という場合は、『単語を見る→意味を思い出す』という流れで読解できるようにしましょう。

 

そのためには、英単語と同じ覚え方をするのが一番です。

『単語に対して、意味を一つずつ暗記していく』という方法ですね。

この場合のおすすめ単語帳は、『重要古文単語315』です。

 

重要古文単語315

重要古文単語315

315とありますが、実際に収録されている単語数は500を超えます。

使っている単語帳にある単語は、すべて完璧に覚えましょう。

 

文法習得

古文における文法とは、

  • 助動詞の接続・活用・意味
  • 助詞の種類と働き
  • 動詞・形容詞・形容動詞の活用
  • 敬語

を指します。

 

最初に、『助動詞接続・活用・意味』、『助詞の種類と働き』を”理屈抜き”ですべて丸暗記してしまいましょう。

これらの単純暗記におすすめなのは『吉野の古典文法スーパー暗記帖』です。

 

吉野の古典文法スーパー暗記帖

吉野の古典文法スーパー暗記帖

動詞・形容詞・形容動詞の活用表一覧も付属しているので、そちらも暗記します。

 

長くても1ヵ月、できれば2週間で内容を覚え切ってください。

実際『吉野の古典文法スーパー暗記帖』は、それぐらいで暗記できるように作られています。

そして何より古典文法暗記の作業は、単調で面白味に欠けますから、いつまでもダラダラとやっていてはモチベーションの面で問題が起きかねません。

つまらない作業はパパっと終わらせて、さっさと次の学習へ移りましょう。

 

『吉野のスーパー暗記帖』での丸暗記が終わったら、暗記した『助動詞』、『助詞』の理屈・理論部分を詳しく学習していきます。

こちらにおすすめの教材は、『望月光の古文教室 古典文法編』です。

 

望月光の古文教室 古典文法編

望月光の古文教室 古典文法編

『敬語』の詳しい説明も掲載されているので、ここで一緒に学習しておきましょう。

 

テクニック習得

単語・文法が一通り頭に入ったら、センター古文で得点するためのテクニックを習得していきます。

テクニック習得には、『土屋の古文講義1』、『土屋の古文講義2』の2冊がおすすめです。

 

土屋の古文講義

土屋の古文講義

この2冊を完璧にすれば、センター古文の力はもちろん、中堅国公立大2次試験レベルの実力がつくでしょう。

 

問題演習

テクニックを習得したら、いよいよ実践形式で演習していきます。

実践形式で使う問題集は、センター試験の過去問、各予備校出版の予想問題集がおすすめ。

 

センター試験過去問研究 国語

センター試験過去問研究 国語

センター試験の過去問は10年分くらい一気に解き切ってしまうといいですね。

上で挙げた問題集をやり尽くした後は、『古文上達 基礎編 読解と演習45』などを使って、問題数を補充していきましょう。

 

古文上達 基礎編 読解と演習45

古文上達 基礎編 読解と演習45

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.