『夢を語ると笑われる世の中』ってのに反抗します

 

僕は今、ちょっとした野望に向けて、プライベートでいろいろと画策しています。

 

STUDYBANKのスタッフやインターン生、何人かの塾生には詳細をチラホラ喋っているんですが、だいたいみんな驚きます。

驚かないのは我らが社長・にっしゃんと、まなてぃ~くらい。

 

それくらい、「え!?何言ってんの!?」って思われるような野望です。

(本当はこのブログでも公表したいことなんですが、文章だけだと変な誤解が生まれそうなので、今はまだ非公開にしておきます)

 

夢を語れる教室

この前、地元の同窓会でその野望を語ったんですが、その時は「いや、さすがに現実見た方がいいよ」と笑われました。

そんなレベルの野望です。

 

だけどもだけども、STUDYBANKでそんな野望をバカまじめに語っても、誰一人として笑いません。

 

STUDYBANKにいる生徒やインターン生たちは、僕たちが今までどんな風に過ごしてきたかを知っています。

どんなに現実離れしていることを言ったとしても、決して「現実逃避しているわけじゃない」ということも知っています。

夢や野望に対しては、とにかく愚かなまでに本気だということも知っています。

実際に戦略を練って、動き始めようとしていることも知っています。

すでにいくつかが実現していることも知っています。

 

だから僕たちが夢や野望を語るとき、STUDYBANKのみんなは「また何かやろうとしている!」と驚いてくれるんです。

にっしゃんとまなてぃ~が驚かないのは、

「おお、また難しそうなことやろうと思ってるなぁ。ちゃんと戦略とか練らんなんキツそうやなぁ。頑張れよぉ」

みたいな気持ちで聞いているから、だと思います。

 

僕自身、にっしゃんまなてぃ~が「なんかやる!」って言った時には、そんな感じで聞いています。

で、「なんやかんや上手くやるっしょ」みたいに思っています。

 

楽観的だから、というわけではありません。

お互いが「夢や野望を本気で実現しようとしている」ことを知っているからです。

だから僕たちは、いつでも安心して夢を語ることができるんです。

 

夢を語ると笑われる世の中

最近は、大きな夢を語ると笑われるような世の中になっちゃっています。

「そんなの現実的じゃない」とか「現実を見た方がいいよ」みたいな言葉もオマケでついてきます。

 

でもこれって笑う方がおかしいんですよね。

一度きりの人生なんだから、誰もが「そりゃ無茶だ!」って言うような夢のひとつくらい、別に持ったっていいじゃないですか。

というか、持たない方がもったいない。

 

誰もが大きな夢を持っていたと思うんです。

「宇宙飛行士になりたい!」とか、「プロ野球選手になりたい!」とか、「お金持ちになりたい!」とか。

だけど多くの人は、夢を語ると馬鹿にされちゃうもんだから、胸に抱いていた夢を押し殺してしまいます。

そして周りが「夢なんて…」という態度でいますから、自分のそれに同調して「夢なんていつまでも持ってられないよね~」みたいな態度を取っちゃいます。

それが続くことで、抱いていた夢が少しずつ姿を消し、いつの間にか「もっと現実を見ようよ」と周りを諭す方に回っちゃっているんです。

 

誰が悪いって話じゃありません。

環境の問題です。

もっと言えば、『日本全体の問題』だとも思います。

どうも日本には、「夢は叶わない」っていう”よく分からない常識”があるようです。

 

なんじゃそら。

 

だからこそSTUDYBANKは、そんなよく分からない常識に対して、徹底的に反抗します。

本気でお互いの夢を応援し合えるような環境をつくりたい。

そんな仲間たちがいつでも気軽に集える場所をつくりたい。

 

STUDYBANKが、”誰もが安心して夢を語れる場所”となるように、こっちもこっちで画策していきます。

 

なーんてことを思う一日でした!

誰か一緒に反抗しましょ。

 

ではまた!

The following two tabs change content below.
津本 高宏

津本 高宏

とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す