営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

いつから受験勉強を始めれば第一志望大学に合格できるのか?

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

「受験勉強はいつから始めればいいですか?」

という質問を、現役高校生からよく頂きます。

 

「受験勉強はいつから始めるべきか」

 

この質問からは、「できる限り、受験勉強のスタート時期は遅らせたい」という心理が見え隠れしていますね。

確かに受験勉強は辛いものというイメージがつきまといますし、実際多くの高校生が「もう二度と経験したくない」と言う程度には辛いものです。

勉学なんてものからは離れて、青春を謳歌したいものです。

 

そうは言っても、やっぱり大学生にはなりたいことでしょう。

というわけで今回のテーマは、『いつから受験勉強を始めれば第一志望大学に合格できるのか?』です。

 

第一志望が国公立大学なら

国公立大学を狙うのなら、センター試験があるため、5教科まんべんなく学習しなくてはなりません。

 

現役高校生が、全教科・科目を同時並行で学習するのは効率が悪いので、最初は科目を絞って学習していくのがベスト。

特に理由がない限り、『英語』と『数学』を早い段階で完成させる”英数先行型”が理想です。

 

『英語』は高校2年生の3月31日まで、『数学』は高校3年生の7月31日までにある程度完成させておくと、他教科の受験勉強に大きな余裕が生まれます。

逆に、英語と数学が上記の期限までに終わらなければ、かなり切羽詰まった状況に追い込まれるでしょう。

 

ですから、第一志望が国公立大学なら、

  • 英語が高校2年生の3月31日までにある程度完成する
  • 数学が高校3年生の7月31日までにある程度完成する

という目標のもと、受験勉強のスタート時期を考えることができます。

 

英語完成までにかかる時間

top-view-of-black-and-white-typography-sentences

英語の”ある程度完成”の目安は、『マーク・記述模試で、第一志望校の偏差値を超えている』だと思ってください。

そのためには、どれぐらいの学習量が必要なのでしょうか。

ここでは、

  • 現在の英語の偏差値が50以下
  • 志望校の偏差値が60
  • 2次試験に英語が必要

と仮定して解説していきます。

 

英語の学習は大きく分けて、次の6つに分類できます。

  • 単語・熟語暗記
  • 文法暗記
  • 英文解釈
  • 長文演習
  • 英作文
  • 過去問演習

 

それぞれの学習によって使う教材は異なり、実力に応じて段階的に使い分けます。

偏差値を50以下から60へ上げるためには、次に紹介する教材をすべてマスターするとちょうど良いぐらいでしょう。

 

単語・熟語暗記

システム英単語 Basic

シスタンBasic

かかる期間:約2ヶ月

 

速読英熟語

速読英熟語

かかる期間:約3ヶ月

 

文法暗記

大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】

大岩英文法

理想ペース:1日3章

※理想ペース=毎日無理なく継続できる、多すぎず少なすぎずの学習量の目安(1日約90分の学習)

かかる期間:約2ヶ月

 

大学入試 世界一わかりやすい英文法・語法の特別講座

関英文法

理想ペース:1日2~3テーマ

かかる期間:約1ヶ月

 

英文解釈

入門英文解釈の技術70

英文解釈70

理想ペース:1日2~3題

かかる期間:約2ヶ月

 

大学受験のための英文熟考(上)

英文熟考上

理想ペース:1日2~3題

かかる期間:約2ヶ月

 

大学受験のための英文熟考(下)

英文熟考下

理想ペース:1日2~3題

かかる期間:約2ヶ月

 

長文演習

竹岡の英語塾 基礎がためやさしい講義

竹岡講義

かかる時間:約2ヶ月

 

センター試験 英語(読解)の点数が面白いほどとれる本

センター英語読解

理想ペース:1日1原則

かかる時間:約2ヶ月

 

英語長文プラチナルール

プラチナルール

理想ペース:1日1題

かかる時間:約2ヶ月

 

英作文

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

英作トレーニング

理想ペース:1日2~3チャプター

かかる期間:約2ヶ月

 

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴンイングリッシュ

かかる期間:約2ヶ月

 

過去問演習

センター過去問

センター英語

かかる期間:約3ヶ月

 

志望校の赤本

赤本

かかる期間:約3ヶ月

 

英語完成までにかかる時間

さて、これらの教材をすべて段階的にやっていくとすれば、どれぐらい時間がかかると思いますか?

詳しい使い方や段階の踏み方は省略しますが、実は”約21ヶ月”かかります。

 

21ヶ月です。

※STUDYBANKの理想ペースに準ずると。

 

ところで上記で紹介した英語の教材は、高校2年生の3月31日までに終わらせるのがベストでした。

その21ヶ月前っていつでしょう。

 

ずばり、

 

高校1年生の6月です。

 

高1の6月から英語をスタートしないと、理想ペース(1日90分程度で進められる量)で受験勉強を行うことは不可能になります。

 

ではこの時期を逃したとして、高校2年生の4月から受験英語の勉強を始めるとどうなるでしょう。

高2の4月は、タイムリミット(高2の3月31日)の約11ヶ月前です。

 

本来21ヶ月かけてすべき教材を、約半分の11ヶ月で完成させなければなりません。

単純計算すると、日々の学習量を2倍にすれば、なんとかタイムリミットまでに終わらせることができますね。

 

理想ペース=1日90分程度学習なので、毎日3時間を受験英語の勉強に費やせばOKです。

そう考えると受験英語スタート時期のデッドラインは、高2の4月あたりになりそうです。

 

じゃあ高校3年生の4月からだと…?

言うまでもなく”タイムリミットをオーバー”していますね。

ここまで来ると、もはや普通の方法じゃ間に合いません。

 

数学完成までにかかる時間

drawing-plan-design-sketch-project-construction

それでは数学はどうでしょうか。

 

数学の目安も『マーク・記述模試で、第一志望校の偏差値を超えている』です。

英語と同様に、

  • 現在の数学の偏差値が50以下
  • 志望校の偏差値が60
  • 2次試験に数学+数Ⅲが必要

と仮定して解説していきます。

 

数学の偏差値を60に乗せるには、

  • 教科書レベルの基本問題習得
  • 解法パターン習得
  • 応用演習
  • 過去問演習

の4つの段階に渡って学習していく必要があります。

 

教科書レベルの基本問題習得

数学ⅠA/ⅡBの点数が面白いほどとれる本

池田式

理想ペース:1日5項目

かかる期間:約3ヶ月(ⅠAⅡBすべて)

 

解法パターン習得

チャート式 基礎からの数学ⅠA/ⅡB/Ⅲ(青チャート)

青チャート

理想ペース:1日3題

かかる期間:約17ヶ月(ⅠAⅡBⅢ合わせて)

 

応用演習

 

理系数学 入試の核心標準編

理系核心

理想ペース:1日3題

かかる期間:約3ヶ月

 

過去問演習

センター過去問

センター赤本数学

かかる期間:約1ヶ月

 

志望校の赤本

赤本

かかる期間:約1ヶ月

 

数学完成までにかかる時間

これらの教材を適した順番でこなすと、”約23ヶ月”かかります。

 

21ヶ月かかる英語よりも2ヶ月多い、

 

23ヶ月です。

約2年です。

※STUDYBANKの理想ペースに準ずると。

 

数学のタイムリミットは英語よりも4ヶ月遅い、高3の7月31日でした。

タイムリミットに間に合わせるためには、

 

高校1年生の8月

 

が理想のスタート時期になります。

数学も英語と同様に、高校1年生の頃から受験を意識しないとなりませんね。

 

現実的なことを考えると、受験数学の開始時期は、高校2年生の夏休みあたりがデッドライン

その時期からなら1日3時間超の勉強時間で、タイムリミットに間に合わせられます。

 

結論

第一志望校合格の第一歩、”英数先行型”のタイムリミットに間に合わせるためには、

  • 受験英語は、高校1年生の6月から始めるのがベスト
  • 受験英語のデッドラインは高校2年生の4月
  • 受験数学は、高校1年生の8月から始めるのがベスト
  • 受験数学のデッドラインは高校2年生の夏休み

が結論でした。

 

もし高校2年生の夏休みから受験勉強を始めるとすれば、英語も数学もデッドラインを迎えて(超えて)います。

両科目とも、毎日3時間以上の勉強時間を確保しなければ、到底タイムリミットには間に合いません。

つまり、1日6時間以上の受験勉強時間が必要となるわけです。

これだけでもかなりキツイですよね。

 

それよりも遅い時期から始めれば、もっともっとエグい状況で受験勉強に取り組むことになります。

 

あなたが現役高校生で、

「受験勉強はいつから始めればいいですか?」

という疑問を抱いているのであれば、悪いことは言いません。

 

今すぐです。

 

今すぐに受験勉強を始めてください。

 

「高校入試が半年くらいでなんとかなったし、大学入試も1年あればなんとかなるでしょ」とかいうアホなことは言わないでください。

大学入試は、高校入試と比べものにならないくらい厳しい戦いを強いられます。

「中学3年間の勉強は、3年間で学ぶには簡単すぎるし、少なすぎる」と言われる一方で、「高校3年間の勉強は、3年間で学ぶには難しすぎるし、多すぎるとも言われているくらいです。

 

『受験=高校3年生のもの』という認識はさっさと捨ててください。

高校生になったその瞬間から、受験は始まっているんです。

 

高校生=受験生

なんです。

 

「学校が受験ムードじゃないし…」なんて言い訳は受験に通用しません。

ライバルは全国各地にいるんですよ。

 

学校が受験ムードでないのなら、あなただけでも受験ムードに切り替えましょう。

それができなければ、第一志望校合格は勝ち取れません。

 

最後に

あなたが高校1年生なら、まだ余裕がある今が勝負どころ。

今からスタートダッシュを切って、誰よりも先に受験勉強に取り掛かりましょう。

 

あなたが高校2年生でも、まだ間に合います。

今まで手を抜いてきた分だと思って、ここで一気に気持ちを入れ替えましょう。

 

あなたが高校3年生で、まだ受験勉強を始めていないのなら。

それこそ“死ぬ気”で勉強してください。

2年間サボってきた代償は、あなたが思っているよりも遥かに大きなものです。

いっそのこと、私立大学受験に絞るのが一番賢明でしょう。

 

1年間で上げられる偏差値は、平均して”5”といわれています。

平均なので、中には10以上偏差値を上げる高校生もいますし、変化しないどころか、逆に偏差値が5ぐらい下がる高校生だっているわけです。

 

あなたがどちらが高校生になりたいか…、聞くまでもありませんね。

 

教えない学習塾STUDYBANKでは、現在の学力、残り期間に関わらず”受験”に対して強い意思を持つ高校生を歓迎します。

「話だけでも聞いてみたい」、「受験の相談をしたい」、「体験指導を受けてみたい」という方は、STUDYBANK公式サイトより『3つの無料体験』をお申し込みください。

⇒STUDYBANK公式サイト

 

人生は、今、この瞬間から変えられます。

それでは、良い受験生活を。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2018 All Rights Reserved.