営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学物質化学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学理工学域物質化学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 偏差値
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

物質化学類の情報

定員

前期 61名 後期 20名

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 2.4倍 1.9倍 2.4倍 2.5倍
後期 未発表 3.4倍 4.6倍 3.6倍 4.2倍

 

過去5年間の平均点

前期:1050点満点、後期:800点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 712.0点 712.2点 718.9点 735.0点
後期 未発表 605.2点 649.6点 626.7点 611.2点

 

過去5年間の合格最低点

前期:1050点満点、後期:800点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 662.7点 665.2点 660.9点 675.8点 696.9点
後期 550.8点 575.3点 627.8点 601.8点 583.8点

 

物質化学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 450点満点

  • 国語(100)
  • 数学(100)
  • 英語(100)
  • 理科2科目(50×2)
  • 社会1科目(50)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

理科は、『物理』、『化学』の2科目。

社会は、『日本史B』、『世界史B』、『地理B』、『現代社会』、『倫理』、『政経』、『倫理・政経』から1科目選択 。

 

【2次試験】 600点満点

  • 数学(200)
  • 理科(200)
  • 英語(200)

数学は、『数学ⅠA』、『数学ⅡB』、『数学Ⅲ』から出題。

理科は、『化学基礎・化学』のみ。

英語は、記述試験のみ(リスニングなし)。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、450点:600点=3:4。

センター試験の得点が2分の1換算されるため、センター試験では大きな差はつきません。

合格ボーダーラインは、1050点満点中670点前後 。

センター試験で7割(=315点)、2次試験で6割(=360点)を目指した対策が無難なところです。

 

2次試験の配点は、

  • 数学(200)
  • 理科(200)
  • 英語(200)

と、3教科とも同じ。

この3教科であれば、飛び抜けて難易度の高い教科はありません。

満遍なく6割獲得していくのが理想的でしょう。

 

数学は、標準的な入試問題が中心となって出題されます。

分野をまたいだ融合問題も出題されやすいので、入試問題集を中心に演習をこなしていきましょう。

 

理科(化学基礎・化学)は、『理論』、『無機』、『有機』がそれぞれバランス良く出題されます。

全体的に、教科書準拠問題集にあるような知識をしっかりおさえておけば、一通り解答できる実力が身につきます。

しかし試験時間に対して問題数が多く、最近は計算過程を書かせる問題も増えてきているので、本番を想定した実践形式の練習も必要になるでしょう。

 

金沢大学の英語は、『読みやすい英文』&『記述量の多い問題』という特徴があります。

記述力の養成はもちろんですが、『いかに速く英文を読み、記述に時間を回せるか』という部分も意識したいところ。

日頃から制限時間を設けて問題を解き、必ず英語の先生に添削をしてもらいましょう。

 

物質化学類(後期)入試科目と配点

【センター試験】 400点満点

  • 国語(50)
  • 数学(100)
  • 英語(100)
  • 理科2科目(50×2)
  • 社会1科目(50)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

 

【2次試験】 400点満点

  • 理科(400)

『化学基礎・化学』のみ。

 

2次試験の難易度

センター・2次の比率は1:1。

前期日程よりもセンター得点が圧縮され、ますます2次試験の比率が高くなっています。

 

ボーダーラインは800点満点中、600点前後。

センター試験で8割(320点)、2次試験で7割(280点)が目標点の目安でしょう。

 

理科(化学基礎・化学)の難易度はやや高め。

論述問題、計算問題ともに多く出題され、かなり思考力を必要とする問題も好んで出されます。

問題数自体も多く、時間内にすべての問題を解き切るには相当な実力が求められます。

『理論』、『有機』が中心的ですが、最近では『無機』の占める割合も増えてきたので、満遍なく全分野を学習しておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.