営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学の過去問から見る英語の対策と勉強法

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、金沢大学英語の対策と具体的な勉強法を解説します。

 

金沢大学の英語の特徴

出題形式

【~2015年度】

大問数 試験時間 出題傾向
4 90 読解2問、英作文2問

 

【2016年度】

大問数 試験時間 出題内容
3 90 読解2問、英作文1問

2016年度入試は、2015年度以前と比べ大きな傾向変化がありました。

大まかな変更点は以下の通りです。

  • 設問がすべて英文に変化
  • 英文和訳を含めた日本語で答える問題が消滅し、英文で答える問題が大幅に増加
  • 文章に対する正誤問題の追加
  • 設問数の減少
  • 記述量の増加
  • イラストと指示に基づいた英文作成の追加

 

出題形式が2015年度までの傾向から大きくかけ離れ、英問英答が基本となりました。

設問数は減っているものの、読解2問の文章量は大幅に増加しています。

(減った設問は大問3の会話文)

今までの形式に慣れ親しんでいた受験生にとって、非常に解き辛い問題だったのは間違いないでしょう。

 

その一方で、「例年と比べ、比較的読みやすい文章だった」という声も数多く挙がっています。

金沢大学の特徴でもある”読みやすい英文”は、2016年度も健在だったようです。

特定の私大英語対策を並行していた受験生にとっては、解きやすく感じたかもしれません。

 

いずれにせよ、英文記述の力が求められる傾向に変化しています。

100%とは言い切れませんが、今後もこの形式が主になる可能性は高いでしょう。

 

金沢大学英語の対策

記述力の養成

まっさきに行うべきは、記述力の養成です。

それも、苦手な人が多いとされる”英文記述”を中心に行う必要が出てきました。

 

記述力の養成には大きく分けて、

  • 英作文
  • 読解問題演習

の2パターンの学習があります。

それぞれ毛色の違う対策をしなければならないので、意識的に2つの学習スタイルを使い分けていきましょう。

 

作成した解答の添削は、必ず英語の先生に厳しくチェックしてもらってください。

 

『読みやすい英文&圧倒的記述量』の特徴を利用する

 

金沢大学の英語は、記述すべき分量が圧倒的に多いです。

しかも2016年度の傾向変化に伴って、その量はさらに増加しました。

 

この状況で、もう一つの特徴である”読みやすい英文”を活かさない手はありません。

正確かつ迅速に英文を読む”速読力”を身に付け、その分を記述に回せるよう工夫していきましょう。

 

具体的な勉強法

blank-paper-with-pen-and-coffee-cup-on-wood-table (1)

全体像

センター英語対策で基礎力養成

記述量の多さは目立ちますが、金大英語は全体的に標準レベルで構成されています。

基礎的な部分さえ固まっていれば、特別難しいことをする必要はありません。

 

逆に基礎的なレベルが抜け落ちていると、まともな対策ができずに終わってしまいます。

基礎に関しては、センター英語の対策をしっかり行うことで定着させることができます。

 

金大対策に直結してくるので、最初にセンター英語から確実に固めておきましょう。

センター英語対策はこちら↓

[clink url=”http://studybank.jp/centereigo/”]

 

単語補充

読みやすい文章とはいえ、一定量の語彙レベルは必要になってきます。

センター単語を覚えるのは当然ですが、2次試験の頻出単語にも手を出して、不足している単語知識を補充しておかねばなりません。

 

単語補充には『システム英単語』をオススメします。

システム英単語を使う場合、1~3章と5章(多義語)を丸暗記しておきましょう。

 

自由英作文の演習

自由英作文では、超がつくほどの基礎からスタートすることを推奨します。

まずは『中学レベルの英文が、瞬時に自在につくれるようになる』というレベルを目指してください。

 

センター英語の実力はあっても、英作文の力は思っているよりも身についていません。

  • 最初の授業は何時に始まりますか?
  • あなたは年寄りたちに親切にしなければなりません。
  • 先生は速く話しすぎて、生徒たちは理解できなかった。

などの中学レベルの英文が瞬時に作成できなければ、『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』からスタートしていきましょう。

 

中学レベルの英文作成力が身についたら、より高度な例文暗記に入ります。

ここでのオススメは『ドラゴン・イングリッシュ基本英文100』。

100個の例文を、”日本語を見ただけで反射的に英文が書けるレベル”まで覚え込んでください。

 

以上を終えたら、『大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編』を使って、実戦演習を行なっていきます。

 

英問英答中心の読解問題演習

金大英語には読解問題もあります。というか読解問題がメインです。

2015年度までは、日本語の設問に対して日本語で解答する形式が主でしたが、2016年度以降は、英語の設問に対し英文で解答する”英問英答”が中心になりそうです。

そのため読解問題の演習は、英問英答形式の対策に重点を置いていきましょう。

 

読解対策の最初に、長文問題全般にいえる解法パターンを一通り身につけてください。

解法パターン定着には『大学入試 関正生の英語長文プラチナルール』がオススメです。

 

解法パターンが一通り身についたら実践演習に移ります。

オススメは『金沢大学の赤本』と言いたいところですが、英問英答中心の新傾向問題はほとんど収録されていません。

英問英答傾向を予測して、『レベルが近い他大学の赤本』や『英語長文レベル別問題集』などを使い、確実に対策していくようにしましょう。

 

速読練習

『読みやすい英文&圧倒的記述量』の特徴を最大限に活かすため、”速読力”の養成も同時並行で行っていきましょう。

速読力アップには”音読”とCDを使った”シャドーイング”が効果的です。

 

基本は上述の実戦演習で用いた英文を使えばOKです。

ただしCDがない場合が多いので、シャドーイングを中心に行いたい場合は『速読英熟語』を使っていくといいでしょう。

 

教材の使い方

システム英単語

システム英単語

【使い方】

『システム英単語 Basic』ではなく、『システム英単語』の方です。

センター対策が終わっていれば、1~2章の単語はほとんど身についているはずなので、3章と5章を中心に暗記していきましょう。

 

オススメの暗記方法は、いわゆる『サーキット法』です。

【サーキット法のやり方】

1日目 1~50番の英単語・日本語訳を、発音しながら目を通す。

英単語だけを見て、1秒で日本語訳を言えるまで(STUDYBANKでは1秒和訳と呼びます)”すべて”繰り返してください。

2日目 1~100番の英単語・日本語訳を、発音しながら目を通す。

1秒和訳で”すべて”繰り返してください。

3日目 1~150番の英単語・日本語訳を、発音しながら目を通す。

1秒和訳で”すべて”繰り返してください。

以下、500番まで同じことを繰り返す。

501~550番の英単語・日本語訳を、発音しながら目を通す。

1秒和訳で”すべて”繰り返してください。

以下、500単語1セットとして繰り返して進めていく

 

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

英作トレーニング

【使い方】

見開き1ページに、日本語文(左ページ)とその英文(右ページ)が掲載されています。

日本語文だけを見て、瞬時に英文が作成できるようになりましょう。

 

まず1周目は、”瞬時に英文作成できる文”と”時間がかかるor英文作成できない文”を仕分けしてください。

1周目の時点で瞬時に作成できる英文があれば、黒マジックなどを使って、該当する日本語文を消しておくと学習がラクになります。

 

2周目以降は、

日本語を見る → 日本語だけを見て英文を音読する(できれば) → 英文を見て音読する → 日本語を見て”英文”を音読する → 次の文へ

のサイクルをこなしていきましょう。

最初から最後まで(計790文)、一気に”日本語だけを見て英文を音読する”ことができるようになれば完成です。

 

ドラゴン・イングリッシュ基本英文100

ドラゴンイングリッシュ

【使い方】

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』より、複雑かつ応用の効く例文が100個収録されています。

 

見開き1ページに、日本語文ひとつ(左ページ)と英文ひとつ(右ページ)という構成ですが、使い方は『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と同様です。

日本語を見る → 日本語だけを見て英文を音読する(できれば) → 英文を見て音読する → 日本語を見て”英文”を音読する → 次の文へ

のサイクルでこなしていき、最初から最後まで一気に読み進められるようにしましょう。

 

大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

大学入試英作文ハイパートレーニング 自由英作文編

【使い方】

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』、『ドラゴン・イングリッシュ基本例文100』で身につけた知識を、実践形式でアウトプットしていきます。

特別な使い方はありませんが、各問題で作成した解答は、必ず英語の先生に添削してもらいましょう。

 

関正生の英語長文プラチナルール

プラチナルール

【使い方】

赤本などの演習に入る前に、これを使って長文問題の解法パターンを身につけます。

 

少し変わったページ構成をしており、若干使いにくさを感じると思うので、以下を参考にして使用してください。

Chapter1のLessonを、時間制限を設けて解く

→解き終わったら、Chapter2or3の同Lessonの問題文に、SVCOなどの英文構造を記入しながら全訳する(この時点で解説はまだ見ないこと)

→英文構造記入・全訳が終わったら、直後にある解答・解説を読み込む

→全訳の確認をする

→Chapter1のLessonに戻り、音読・黙読和訳する(英文構造が記入されていない英文を使って)

→Chapter1の次のLessonへ

 

解説にある”プラチナルール”は確実に覚えましょう。

全体的にかなり重厚な解説となっているので、一つ一つかなり深いところまで理解できます。

 

1周目が終わったら、音読&黙読和訳で英文を3~4周ほど読み込んでください。

その際、「どんな”プラチナルール”があったか」や、「どんなテクニックを使っているか」なども意識しておきましょう。

 

赤本

赤本

【使い方】

言わずと知れた『赤本』です。

「記述対策は赤本一冊で十分だ」と言われるくらいですが、最近の金大英語に関しては対象外。

英問英答の傾向変化に対応しきれていないので、金大過去問に頼りすぎるのはNGです。

 

とはいえ、入試傾向や形式の分析が事細かに掲載されており、最新版の過去問(傾向変化したもの)も載っているので、一切使わないということはありません。

また、2015年度以前(傾向変化以前)の長文自体は、”金大レベル”のものになっています。

英問英答ではありませんが、英文で答える問題も毎年出題されているので、必要な部分だけを抽出して使っていくと良いでしょう。

 

※英問英答傾向がいつ終わるかも分かりません。念のため、2015年度以前の問題も一通り解いておくことをオススメします。

 

なお、金大赤本の代わりには、以下の大学の赤本を適宜使っていくと良いでしょう。

 

【英問英答用】

  • 旭川医科大学
  • 琉球大学

 

【イラスト英作文用】

  • 東京大学

 

英語長文レベル別問題集

英語長文レベル別問題集

【使い方】

時間に余裕があれば、『英語長文レベル別問題集』にも手を出しておきましょう。

レベルに応じて6冊の問題集がありますが、金沢大学レベルであれば『レベル4中級編』、『レベル5上級編』の2冊で十分です。

 

特別な使い方はありません。

普通の問題集として使用し、作成した解答は必ず英語の先生に添削してもらってください。

 

速読英熟語

速読英熟語

【使い方】

音読・シャドーイング用として使います。

※シャドーイングには、別途CDを購入する必要あり。

 

まず最初に、全英文の”和訳”に目を通しておきましょう。

音読・シャドーイングは、英文の和訳が理解できている状態で行なっていきます。

 

本格的に使っていくのはそれからです。

毎日30分間、ひたすら音読・シャドーイングを行ってください。

 

早い人で2ヵ月、遅い人で7ヵ月くらい継続することで「英語が読めるようになった」と実感できます。(STUDYBANK調べ)

こればかりは大きな個人差があるので、できる限り早い段階から速読・シャドーイングの習慣は身につけておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.