営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学経済学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学人間社会学域経済学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 偏差値
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

経済学類の情報

定員

前期 150名

後期 25名

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 1.7倍 1.6倍 1.3倍 1.5倍 1.6倍
後期 未発表 2.1倍 1.3倍 1.7倍 1.7倍

 

過去5年間の平均点

前期:1500点満点、後期1500点満点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 943.2点 953.8点 982.4点 1033.4点
後期 未発表 1015.3点 1093.6点 1047.0点 1056.1点

 

過去5年間の合格最低点

前期:1500点満点、後期1500点満点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 896.7点 883.2点 872.1点 918.2点 975.4点
後期 973.0点 959.6点 1031.2点 972.2点 997.2点

 

経済学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

  • 国語(200)
  • 数学(200)
  • 英語(200)
  • 理科基礎2科目(50×2)
  • 社会2科目(100×2)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

理科は、『物理基礎』、『化学基礎』、『生物基礎』、『地学基礎』から2科目選択。

※基礎2科目指定だが、発展2科目でも基礎1科目とみなす

社会は、『日本史B』、『世界史B』、『地理B』、『倫理・政経』から2科目選択

 

【2次試験】 600点満点

  • 英語(200)
  • 数学(200)
  • 国語(200)

英語は、記述試験のみ(リスニングなし)。

数学は、数ⅠA・ⅡBから出題。

国語は、『現代文』、『古文』、『漢文』が出題。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、900点:600点=3:2。

センター試験の得点率が高いので、センター試験で高点数を取るとだいぶ余裕が生まれます。

 

ボーダーラインは、1500点満点中900点前後。

センター試験で7割(630点)獲得していれば、2次試験は5割弱(270点)の得点率で、前期日程のボーダーラインを超えます。

 

2次試験の配点は、

  • 英語(200)
  • 数学(200)
  • 国語(200)

で、金沢大学の人間社会学域では、唯一3教科受験が必要な学類です

試験科目の難易度は、いずれも”典型的な国公立2次試験”といったレベル。

高得点を狙うにはかなりの対策が必要ですが、5割程度であれば”それなり”の対策で補えます。

 

英語は、比較的読みやすい英文が出題されます。

2016年度入試で英問英答になるといった傾向変化はありましたが、全体的な難易度は少し下がっています。

記述量が多いため、記述に特化した演習を積んでいきましょう。

 

数学は、各分野の代表的な問題が出題されます。

『微分積分』からの出題は毎年あるものの、それ以外に際立って頻出している単元はないため、満遍なく学習しておく必要があります。

 

国語は、『現代文』、『古文』、『漢文』ともに解答するべき記述量が多いのが特徴。

内容説明問題が中心に出題されますが、類推・補足をして解答するといった”思考力”も求められます。

いずれの問題も、解答は国語の先生に添削してもらい、確実に記述力・思考力を上げていきましょう。

 

経済学類(後期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

前期と同じ

 

【2次試験】 600点満点

  • 小論文(600)

現代の『文化』、『社会』、『経済』に関する課題文(英文)について論述。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の得点割合は900:600=3:2。

ボーダーラインは、1500点満点中1000点前後。

 

2次試験が小論文のため、安定した得点はあまり期待できません。

前期日程と同じくセンター試験の配点が高いため、センター試験でまとまった得点を獲得しておくのが無難ですね。

 

試験として課される小論文は、全体の約3分の2が”英文和訳”、”内容説明”といった、英語色が非常に強い小論文となっています。

それに加え、”意見論述”といった典型的な問題もあり、結局は『英語』と『小論文』の2科目の対策となってくるでしょう。

きわめて専門的な文章が出題されるので、知識収集も念入りに行なう必要があります。

 

難易度は高く、そうやすやすと5割オーバーを狙える試験ではありません。

やはりセンター試験で8割(720点)前後を目安に獲得し、小論文で5割弱(280点)を目指した対策をしておきたいところです。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.