営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学機械工学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学理工学域機械工学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 偏差値
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

機械工学類の情報

定員

前期 120名

後期 20名

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 2.5倍 1.8倍 2.2倍 2.1倍
後期 未発表 5.3倍 3.9倍 4.8倍 4.3倍

 

過去5年間の平均点

前期:1100点満点、後期:600点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 747.5点 709.1点 747.7点 740.5点
後期 未発表 475.2点 411.8点 445.0点 440.6点

 

過去5年間の合格最低点

前期:1100点満点、後期:600点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 670.0点 697.2点 656.7点 698.2点 687.0点
後期 428.0点 452.5点 367.3点 413.0点 413.0点

 

機械工学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 450点満点

  • 国語(100)
  • 数学(100)
  • 英語(100)
  • 理科2科目(50×2)
  • 社会1科目(50)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

理科は、『物理』、『化学』の2科目。

社会は、『日本史B』、『世界史B』、『地理B』、『倫理・政経』から1科目選択 。

 

【2次試験】 650点満点

  • 数学(250)
  • 理科(200)
  • 英語(200)

数学は、『数学ⅠA』、『数学ⅡB』、『数学Ⅲ』から出題。

理科は、『物理基礎・物理』。

英語は、記述試験のみ(リスニングなし)。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、450点:650点=3:4強(正確には9:13)。

センター試験の得点が2分の1換算されるため、センター試験では大きな差はつきません。

 

合格ボーダーラインは、1100点満点中690点前後 。

センター試験で7割(=315点)、2次試験で6割(=390点)を目指した対策が無難なところですね。

 

2次試験の配点は、

  • 数学(250)
  • 理科(200)
  • 英語(200)

と、数学だけやや高いものの、3教科とも配点の割合はほぼ同じです。

理科は『物理基礎・物理』しかありませんが、金沢大学の物理は難易度がやや高め。

低く数学の+50点のアドバンテージを活かして、物理の失点を打ち消すよう意識しましょう。

 

数学は、標準レベルの問題が中心的に出題されます。

“ザ・入試問題”のような典型的な問題も多い一方、各分野にまたがる融合問題も多め。

配点がわずかに高めなことと、物理の失点を補うためにも、2問は確実に完答できるよう学習しておきましょう。

 

理科(物理基礎・物理)は上述の通り、やや高めの難易度とされています。

教科書レベル準拠の問題集だけでは、まず太刀打ちできません。

標準レベルの入試問題集を一通りこなし、書いてある内容がすべて説明できるくらい、徹底的にやり込んでください。

解答用紙に答えのみを記入する形式なので、途中の計算ミスや凡ミスも大きな命取りに繋がります。

試験時間も長いとはいえないので、”速く”かつ”正確”に計算する練習もやっておきましょう。

 

比較的読みやすい文章が出題されますが、解答にはかなりの記述力が求められます。

文章、問題が理解できても、記述力の違いで得点に大きな差が生まれます。

問題演習のときには解答をつくり、必ず添削してもらうようにして、確実に記述力を高めていきましょう。

 

機械工学類(後期)入試科目と配点

【センター試験】 200点満点

  • 英語(200)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

 

【2次試験】 400点満点

  • 数学(200)
  • 理科(200)

数学は、『数学ⅠA』、『数学ⅡB』、『数学Ⅲ』からの出題。

理科は、『物理基礎・物理』。

 

2次試験の難易度

センター・2次の比率が1:2と、2次試験が半分以上の割合を占めています。

またセンター試験の科目が『英語』のみであることも、微妙に厄介な部分でもありますね。

 

ボーダーラインは600点満点中、420点前後。

しかし2015年度の後期日程では、合格最低点が450点とかなり高く出ています。

ここまで高くなってくると、ひとつのミスが致命傷になりかねません。

常に、

  • 周りが解ける問題は確実に解答すること
  • 凡ミスを徹底的に排除すること

を意識していきましょう。

 

数学の難易度は高め。

一問一問の内容が重く、一つの大問を完答するのにもかなりの思考力が求められます。

証明問題や図示問題が頻出のため、論理立てて解答を導き出す論述力も鍛えていきましょう。

 

理科(物理基礎・物理)は、標準レベルの問題が出題されます。

高校レベルの理解度を確認するような問題が中心で、中には易しめの問題も混ざっています。

しかし高得点を狙うにはそれだけでは足りません。

標準レベルの問題をこなした上で、難しめの問題にも取り組んでおきましょう。

なお前期日程同様、解答用紙には答えのみ記入する形式になっています。

計算ミス・凡ミスがないよう、計算力の向上も意識していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.