営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学国際学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学人間社会学域国際学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 偏差値
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

国際学類の情報

定員

前期 40名

後期 15名

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 2.4倍 2.4倍 1.5倍 2.2倍 2.4倍
後期 未発表 1.5倍 2.4倍 1.8倍 2.8倍

 

過去5年間の平均点

前期:1500点満点、後期:1500点満点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 1022.2点 1019.4点 1025.5点 1105.7点
後期 未発表 1081.7点 1136.8点 1086.1点 1069.2点

 

過去5年間の合格最低点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 980.4点 976.8点 956.6点 976.2点 1064.6点
後期 879.6点 977.6点 1098.6点 1006.8点 1019.0点

 

国際学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

  • 国語(200)
  • 数学(200)
  • 英語(200)
  • 理科基礎2科目(50×2)
  • 社会2科目(100×2)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

※英語は外部試験のスコアの提出を認められています。TOFEL-iBTなら71以上、TOFEL-PBTなら525以上、TOEICなら750以上、英語検定なら準1級以上、ILETSバンドなら6.0以上のいずれかの水準を超えている場合には、センター英語の成績を満点とみなして利用で可能。ただし、同外部試験のスコアが、いずれかの水準を超えている場合であっても、大学入試センター試験における『外国語』を受験する必要があります。

理科は、『物理基礎』、『化学基礎』、『生物基礎』、『地学基礎』から2科目選択。

※発展2科目でも基礎2科目とみなす。

社会は、『日本史B』、『世界史B』、『地理B』、『倫理・政経』から2科目選択。

 

【2次試験】 600点満点

  • 国語(300)
  • 英語(300)

国語は、『現代文』、『古文』、『漢文』が出題。

英語は記述試験のみ(リスニングなし)。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、900点:600点=3:2。

センター試験の点数配分が大きいため、センター試験で確実に得点することが重要になります。

ボーダーラインは1500点満点中970点前後。

センター試験で7割(630点)獲得していれば、2次試験は6割弱(340点前後)でボーダーラインに届きます。

 

国語は、『現代文』、『古文』、『漢文』の全科目において記述すべき文章量が多いです。

文章に書かれていない事柄を類推して、補足しなければならない問題も出題されるので、単純な読解力以外の力も求められます。

作成したの解答は国語の先生に添削してもらい、着実に記述力・論述力を高めていきましょう。

 

英語の難易度はそこまで高くはありません。

語彙レベルが高くなく、比較的読みやすい文章が出題されます。

ただし国語と同じく記述すべき分量が多く、記述力の有無で点差が広がることでしょう。

記述力を養成することはもちろんのこと、文章をスピーディーに読み取り、記述にあてる時間を生み出す工夫も必要です。

 

国際学類(後期)入試科目と配点

【センター試験】 600点満点

  • 国語(200)
  • 英語(200)
  • 社会(100×2)

社会は『世界史B」、『日本史B』、『地理B』、『倫理・政経』から2科目

※2016年度入試より、数学(200)、理科(100)が課されなくなりました。

 

【2次試験】 600点満点

  • 小論文(600)

小論文は、社会・文化に関する課題を論述。(英文も出題)

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の得点割合は600:600=1:1。

2016年度入試からセンター試験の必要科目が変更となり、センター試験と小論文の配点が同率になりました。

予想ボーダーラインは、1200点満点中870点前後(得点率73%程度)。

小論文で400点取ることを想定して、センター試験の3教科では440点程度(7割超)は得点したいところ。

 

小論文は、『要約』、『内容説明』、『意見論述』が中心となって大問2問構成となっており、うち1つは『英文要約』となっています。

国際分野の専門的な内容が出題され、それなりの知識を持っていないとかなり難しく感じられでしょう。

また英文要約も、英語の記述試験並のレベルが出題されます。

試験科目は『小論文』だけですが、実質『小論文』と『英語』の2科目分の対策が必要となります。

普段から国際分野の書籍や、英文で書かれた書籍を読むなどの対策をしておきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.