営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

地域割引サービス実施中!タッチで詳細をチェック

金沢大学数物科学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学理工学域数物科学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 偏差値
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

数物科学類の情報

定員

前期 69名

後期 15名

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 1.9倍 1.7倍 1.8倍 1.9倍 1.9倍
後期 6.7倍 3.3倍 1.9倍 2.6倍 3.4倍

 

過去5年間の平均点

前期:1800点満点、後期:1500点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 1222.9点 1252.1点 1296.5点 1280.1点
後期 未発表 1252.1点 1153.9点 1149.2点 1165.9点

 

過去5年間の合格最低点

前期:1800点満点、後期:1500点満点。

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 1119.1点 1144.6点 1153.9点 1197.3点 1175.1点
後期 1094.4点 1108.2点 1069.8点 1096.4点 1130.8点

 

数物科学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

  • 国語(200)
  • 数学(200)
  • 英語(200)
  • 理科2科目(100×2)
  • 社会1科目(100)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

理科は、『物理』、『化学』、『生物』、『地学』から2科目選択。

社会は、『日本史B』、『世界史B』、『地理B』、『政経』、『倫理』、『倫理・政経』、『現代社会』から1科目選択

 

【2次試験】 900点満点

  • 数学(450)
  • 理科(350)
  • 英語(100)

数学は、『数学ⅠA』、『数学ⅡB』、『数学Ⅲ』から出題。

理科は、『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』のどちらかを選択。

英語は、記述試験のみ(リスニングなし)。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、900点:900点=1:1。

どちらも配分が同じため、どちらとも手を抜くことはできません。

合格ボーダーラインは、1800点満点中1200点前後。

 

センター試験で7割=630点獲得していれば、2次試験は550点前後で、前期日程の合格最低点に届きます。

 

2次試験の配点は、

  • 数学(450)
  • 理科(350)
  • 英語(100)

なので、数学と理科(特に数学)で高得点を取ることが求められます。

 

数学は標準問題が中心に出題されますが、融合問題が多く総合力が必要。

配点も高いので、確実に2題は完答をつくっておきたいところです。

上っ面の学習だけでは高得点は望み薄なので、「数学が得意」と公言できるレベルを目指しましょう。

 

学類の性質上、理科は『物理基礎・物理』を選択する生徒が非常に多いです。

しかし金沢大学の物理は、難易度がやや高め。

良問揃いともいわれていますが、その分、基礎知識を深いところまで理解しておく必要があります。

出題レベルは、標準以上といっても良いでしょう。

 

英語の難易度はそこまで高くはありません。

2016年度の入試で大きく傾向は変わった(問題文も英語になった)ものの、英文のレベル自体は若干下がっています。

センター試験対策をしっかり行っていれば、過去問を数回こなす程度の学習で2次試験は十分でしょう。

 

数物科学類(後期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

前期日程と同じ。

 

【2次試験】 600点満点

  • 数学(300)
  • 理科(300)

数学は、『数学ⅠA』、『数学ⅡB』、『数学Ⅲ』から出題。

理科は、『物理基礎・物理』のみ。

 

2次試験の難易度

合計1500点満点中、1100点前後が合格ボーダーライン。

ただし2次試験の配点が600点と少ないため、センター試験の点数がある程度ないと、非常に厳しい闘いとなるでしょう。

センター試験で630点前後(得点率70%)だったとしたら、2次試験で470点=得点率80%弱ほど必要になります。

例年の前期日程と比べると、総合的に見て点数が取りにくい試験となっているので、やはりセンター試験で690点(得点率75%強)以上は欲しいところですね。

 

配点は

  • 数学(300)
  • 理科(300)

で、前期日程と比べると数学は難化、理科(物理基礎・物理)はやや易化する傾向にあります。

 

数学は重い問題が多く、一問一問かなり深く考えなければなりません。

また前期日程と同じく、融合問題も多く出題されます。

各単元の標準的な問題を理解した上で、数学に対する総合力を高めていきましょう。

 

理科(物理基礎・物理)は標準レベルの問題を中心に出題されます。

力学と電磁気は毎年必ず出題されており、もう1題は熱力学か波動からの出題。

標準レベルが中心ですが、従来とは違う解き方や考え方を必要とする問題も多数あるため、対策として”やや難しめ”の教材まで手をのばす必要があります。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.