営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

無料メルマガ講座、はじめました!

金沢大学学校教育学類の入試科目と難易度をチェック

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

ここでは、『金沢大学人間社会学域学校教育学類』の

  • 定員
  • 倍率
  • 合格平均点
  • 合格最低点
  • 入試科目
  • 難易度

をまとめています。

 

学校教育学類の情報

定員

前期 64名

後期 実施しない

 

過去5年間の倍率

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 2.7倍 1.9倍 1.4倍 2.1倍
後期

 

過去5年間の平均点

前期:1500点満点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 未発表 1036.0点 1035.2点 1070.8点 1127.0点
後期

 

過去5年間の合格最低点

前期:1500点満点

2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度
前期 978.2点 964.0点 949.2点 1017.4点 1069.8点
後期

 

学校教育学類(前期)入試科目と配点

【センター試験】 900点満点

  • 国語(200)
  • 数学(200)
  • 英語(200)
  • 選択科目(100×3)

英語の点数は、筆記+リスニングの点数を4/5(5分の4)倍で換算する。

選択科目は、『理科』、『社会』から3科目選択。

理科は、『物理基礎』、『化学基礎』、『生物基礎』、『地学基礎』、『物理』、『化学』、『生物』、『地学』から選択可能。

※基礎科目は2科目で1科目扱いとなる。

※同一名称組合せ不可(例:『物理基礎』、『生物基礎』、『物理』という受け方は不可)

※理科の選択方法は、「基礎2科目」、「発展1科目」、「基礎2+発展1科目」、「発展2科目」のいずれか。

社会は、『世界史B』、『日本史B』、『地理B』、『倫理・政経』から選択可能。

 

【2次試験】 600点満点

  • 英語(300)
  • 選択科目(300)

選択科目は『数学』、『国語』、『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』、『地学基礎・地学』から1科目選択。

数学は、数ⅠA・ⅡBからの出題。

国語は、『現代文』、『古文』、『漢文』が出題。

 

2次試験の難易度

センター試験と2次試験の点数比は、900点:600点=3:2。

センター試験の比率が高く設定されているので、センター試験で確実に点数を取っておきたいところです。

 

ボーダーラインは、1500点満点中1000点前後。

センター試験で7割(630点)獲得していれば、2次試験は6割強(370点)でボーダーラインに到達できます。

 

2次試験の配点は、

  • 英語(300)
  • 選択科目(300)

です。

選択科目は『数学』、『国語』、『物理基礎・物理』、『化学基礎・化学』、『生物基礎・生物』、『地学基礎・地学』と、かなり幅広い選択肢があります。

自分の得意不得意だけで判断せず、必ず金沢大学の問題傾向・難易度などを考慮したうえで、もっとも高得点が狙える科目を選択しましょう。

 

特に『物理基礎・物理』には注意してください。

上で挙げた6科目の中でも、難易度が頭一つ飛び抜けています。

 

※選択科目は多岐に渡るので、ここでの対策解説は英語のみとさせていただきます。

 

英語は、語彙レベルの高くない、比較的読みやすい文章が出題されます。

その分記述すべき量がかなり多く、限られた時間・字数の中で論述する力を身に付けなければなりません。

英文をスピーディーかつ的確に読み取り、記述にあてる時間を生み出すよう意識してください。

記述形式の問題演習を集中して行い、作成した解答は必ず英語の先生に添削してもらいましょう。

現代の教育に悩む親御さんに向けて
7通のメルマガ講座を書きました

◆STUDYBANK塾長の津本が、どんな思いで教育現場に立っているのか。
◆教育現場に表れている矛盾とは。
◆現代に求められる力は何か。
◆親が子にすべき教育とは。

などなど、ブログでは語りきれない想いをありったけ注ぎ込みました。

もちろん無料で購読できるので、お気軽に購読してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.