営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

無料メルマガ講座、はじめました!

【STUDYBANK代表】西山雄勝

 

img_1059

【名前】西山雄勝(にしやまゆうま)

【担当】小論文、面接

【出身】兵庫県加古川市

【生年月日】1991年4月18日

【趣味・特技】バスケ、カラオケ、お笑い

【座右の銘】おもろかったらそれでええ!

 

オフショット

 

My Story

1991年4月18日、兵庫県加古川市に次男として生まれる。

 

幼少期は好奇心が強く、野球、水泳、陸上、バスケット、書道と色んな習い事をしていた。

成長期が早く、小6の時には身長170㎝を越えており、骨格もかなり良く、高校生から間違えてケンカを売られるほどだった。

 

中学に入ってからはバスケット一本に絞り毎日バスケットに明け暮れる毎日。

三年生になった時初めて進路について考える。

 

僕には3つ上の兄がおり、その兄はあまり勉強しないタイプで、高校・大学共に私立に通うことが確定していた。

うちは裕福ではない家庭だったので、私は中学生の時から『あんたは国公立しか通わせられない』と強く、強く言い聞かされていた。

 

私は、勉強ができないわけではないが、特別秀才というわけでもなかった。高校は偏差値的には上から二番目くらいが妥当と言われていた程度である。別に好きだったというわけでもない。

ところが、国立大学に入るには5教科7科目のテストを受けなければいけない。かなりの努力が必要だと言われた。

 

「嫌やなぁ…」

 

しかも三年間やりたくない勉強をやって頑張ったところで、行けるかどうかなんてわからない。それよりもやりたいことを勉強して、それを活かして確実に大学に行く道はないのか。

 

あらゆるリサーチをして見つけたのが商業科高校。商業高校には商業科推薦というものがあり、高校では経済を中心に学びながら、資格を取得し、それを利用して、全国の商業科の高校生とだけ戦って国公立大学に進学できる入学方法である。

商業高校に入学し資格を取得しながら成績を上位でキープしていれば推薦枠がもらえる。そちらの方が興味のある勉強もできるし、受験の勝率の高くなりそうだな。ということで、僕は商業高校への進学を決めた。

 

戦略通り、大学進学は成功した。

 

大学時代、将来の働き方に悩んでいた僕は、何人かの経営者の鞄持ちを経験した。

お世話になった経営者の方達は、自分の仕事を本当に心の底から楽しみ、人生を楽しんでいる方ばかりだった。

 

『大人っていいなぁ』

 

初めてそんな風に思った。

 

僕も先輩方のように楽しく働いていきたい!

そう強く思うようになって、そこから本格的に商売の道を歩み始めた。

 

わがままに人生を楽しみたい!

そしてそのための努力をしよう!!

 

好きなことで社会の役に立つことができれば、それは可能となる。

 

私の挑戦はまだまだ続く。

 

STUDYBANKにいる理由

『自分のわがままを通すために努力をしている友達をたくさん作りたい』

 

僕の人生における最大の価値観は『人』にあります。

僕が唯一、『あぁ、もう死んでもええわぁ』って思える瞬間は、大好きな友達と腹抱えるくらい笑っている瞬間です。

 

僕は、人生の中で一秒でも多くそんな時間を過ごしていたい。

できればずっとそんな時間を過ごしていたい。

 

そんなわがままを可能にするために、まず自分が誰よりも自分の人生に向き合い、挑戦し、成長し続けます。

そして、僕がそんな姿を見せていくことで、塾生たちには、それぞれがわがままを成立させるために真剣に努力をして、最高に人生を楽しみ、お互いを本気で応援しあえる子たちになってほしいのです。

そして僕の友達になっていって欲しいのです(笑)

 

『気持ちの良い奴と一緒に、わがままを貫き通す努力をしていきたい』

 

そんな寝言を実現させるために、僕はこの事業に命を投資しています。

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2017 All Rights Reserved.