2017/08/22

【センター残り4ヵ月】受験生に残された1科目あたりの勉強時間は約5日間しかない理由

 

受験生の皆さんへ

 

STUDYBANK代表の西山です。

普段は全くブログには登場しない西山ですが今回は、どうしても受験生に伝えておかないといけない事実がありましたので、投稿させていただきます。

 

 

 

もうすぐ夏休みが終わりますね。

3年生にとっての夏休みは、受験までに与えられた最後のゴールデンタイム。

 

 

 

この最後に与えられた時間の中でどれだけ基礎を固め、どれだけの弱点を克服できたかで合否が決まってくるのではないでしょうか。

 

 

 

つまり、海、花火、お祭り、恋愛、お盆休みの誘惑にどれだけ打ち勝ち、1時間1時間をどう大切に過ごしたかで勝敗は決まるのではないでしょうか。

 

 

 

あなたはどうでしたか?

 

 

 

「あぁ、オレ(ワタシ)夏は結構遊んじゃったし、今から(もしくは9月から)メッチャ頑張ろ!!」と考えているあなたに

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念なお知らせがあります。

 

 

 

あなたが1科目あたり勉強できる時間はもう約5日間しかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はあなたの残り時間を残酷なまでに突き付けていこうと思います。

すいません。

よろしくお願いします。

 

 

 

残り時間の把握

 

 

センター試験までの残り時間

 

 

あなたはセンター試験まで残りの時間を把握していますか?

9月1日を迎えた時点で、センター試験(1月13日)まで残す所あと4カ月と少し、

 

 

 

言い換えると19週

 

 

 

更に言い換えると134日

 

 

 

更に更に言い換えると3216時間となります

 

 

 

あなたが過ごしているこの1時間1時間が確実に本番に向かっていることをあなたは実感しているでしょうか。

 

 

 

センター試験までの理想の時間の使い方

 

 

あなたはセンター試験までの理想の時間の使い方の基準がありますか?

そしてその通りに毎日過ごすことができているでしょうか?

 

 

 

STUDYBANKでは受験生は全員

 

  • センター試験までの理想の時間の使い方の基準を定める

 

  • センター試験までの勉強、学校、睡眠、食事、入浴、移動などの各生活における総時間の把握

 

  • 毎日の生活が基準に対してどうだったかを検証するデイリーPDCAシートの記入

 

 

 

を行い、常に理想の時間通りに過ごせているか、また残り時間で合格点まで成長する勉強ができているかを検証、改善しています。

 

 

 

【生徒A君の場合】9月1日~1月13日

 

平日 休日 残り時間
勉強 15 1353
学校 657
睡眠 6.5 5.5 831
食事 1.5 154
移動 134
入浴 0.5 0.5 67
合計 24 24 3196

 

 

 

この様に、平日8時間、休日15時間と起きている時間をほぼ勉強に充てたとしても残りの勉強時間は1353時間しかありません。日数に直すと、約56日です。

 

 

 

あなたはこのことに気づいているでしょうか。

 

 

 

そしてそもそもA君のような理想の時間帯で生活し続けることができているでしょうか。

 

 

 

 

1科目あたり、残された勉強時間が約5日間の理由

 

 

それでは本テーマの1科目あたり、残された勉強時間が5日間しかない理由をA君を例に説明致します。

STUDYBANKでは知識の定着の効率を高めるため、復習メインに学習を進めていきます。

 

 

 

進み学習と復習にかかる時間はそれぞれ半分ずつ

 

 

1353時間 ÷ 2 = 676.5時間

 

1353時間のうち、進み学習に約676時間、復習に約676時間使えることになります。

 

 

 

 

国公立を志望

 

676時間 ÷ 5科目 = 135.2時間

 

 

 

676時間うち、1科目に約135時間使えることになります。これを更に日数に直すと・・・

 

 

135時間÷24時間=5.625日

 

 

 

つまり、あなたに残された1科目における勉強時間は約135時間

日数にして約5.6日間となります。

 

 

 

あなたが今後どれだけ時間を切り詰めて頑張ってたとしても、
1科目につき約5日間勉強を進めて約5日間復習をすれば本番です。

 

 

 

今の現状から果たして合格点を取ることはできますか?

あなたはそれでもまだ今日も時間を浪費するのですか?

 

 

 

 

これからできること

 

 

 とにかく理想の時間帯で生活する事

 

 

まずは、とにかくセンター試験までの理想の時間の使い方の基準を持ちましょう。

基準を持たなければ、日々が流れていくように過ぎ去ってしまいます。

そして基準に対してどうだったのか日々検証・改善しながら過ごしましょう。

 

 

 

学校の時間を利用する事

 

 

この時期になれば受験に必要のない科目も出てきます。また効率が悪いと思う授業もあるかもしれません。

学校での時間をいかに効率よく、自分の勉強時間にするかで大きな時間獲得となります。

 

 

 

睡眠の質を確保する事

 

 

また他にも毎年多くみられるのが、時間がないからといって睡眠時間を削り始める愚か者がいます。
睡眠無しで乗り切れるなら誰も初めから寝ません。

 

 

ゲームをしていて、戦闘で体力が減ったのにも関わらず、
回復せずに次の相手に戦いを挑み続けるくらい愚かな行動であると思います。

 

 

その日の戦闘で受けたダメージはその日のうちに回復しましょう。
また翌日には新たな戦闘が待ち構えているのですから。

 

 

 

 

残された時間はあなたの想像よりも遥かにわずかです。

 

後悔のない受験生活をお送り下さい。

 

応援しています。

 

 

 

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す