そんじょそこらの「人生は一度きり」とは重みが違うんだよぉぉぉお!

 

どうも、STUDYBANK塾長の津本です。

 

教育界に足を踏み入れて、まもなく8年目に突入します。

最初は、大手家庭教師会社のバイト講師として。

それから大手チェーン塾の講師、塾長と経験し、独立してからは個人契約の家庭教師をやっていました。

そして現在、STUDYBANKの塾長という立場で、教育歴7年目を終えようとしています。

 

今まで色んなことがありました。

…という感じで話しはじめると、僕の中学時代にまでさかのぼりかねないので、そんな話はしません。

 

実はちょっとしたきっかけがあって、『教育界に入って学んだこと』について少し考えてみたんです。

 

日本の教育システムについて

『教育界に入って学んだこと』を考え始めて、真っ先に思い浮かんだのは、日本の教育システムに関してでした。

学んだことというよりは、”気付いたこと”って感じですね。

 

僕は個人でやっているブログの中で、現在の教育システムに対して結構キツイ言い方をしています。

特定の学校がどうこうという話ではなく、日本の学校教育全体の話。

 

そっちのブログから、僕が学校教育について述べている部分を引用しておきます。

夢がない子供がここまで増殖しちゃった原因の大部分は、学校にあると思います。

 

生徒には「将来の夢を持て」っていう癖に、生徒が「じゃあプロ野球選手になる!」とか言うと、「アホか。現実を見ろ。それより勉強しろ」って一蹴されるんですよ。

ちなみにこの話は、僕の教え子(当時中3)の実体験です。

 

学校教師が言う「将来の夢を持て」を分かりやすく翻訳すると、

 

「大学へ行け。そんで会社員になれ」

 

っていうことになります。

 

要は、「決められた道から外れるな。道から外れるような余計なことはするな」ってことですよね。

 

「夢を持て」と言われて夢を持ったら、「そんな夢を持つなんて馬鹿か」と一蹴される。

「現実的な夢(=なりたい職業)はないのか」と聞かれるようになればもう終わりです。

 

そもそも子供が知っている職業の幅なんてたかが知れてますから、生徒は「夢(=なりたい職業)はないです」と答えるしかありません。

それで「はあ、将来のことくらい考えろよ」とか思われてしまうのがオチ。

 

これが現在の学校教育で、平然と行われていることなんです。

 

僕がいっっっっちばん言いたいこと

angry-wife-boxing-husband-1

で、このことに気づいてから、人生について考えるようになりました。

 

いい人生って何なの?

 

一生懸命勉強して、良い大学に入って、その後は?

もちろん良い会社に入って…。

 

…じゃあ良い会社って何なの?

 

恐らく過半数の人が、『良い会社=給料の良い会社』って言うと思います。

 

僕の身の回りには、そこそこいい給料をもらっている友達がいます。

でも「早く会社辞めたいなぁ~」って、しょっちゅう愚痴をこぼしています。

精神的に辛い日々が続いているらしいです。

 

良い会社の定義は人それぞれかもしれません。

 

でも僕の友達のほぼ全員は、「できることなら(今の)会社を辞めたい」と言っています。

でも辞めません。

でも「いつかは辞める」って言っています。

「いつ辞めるの?」って聞くと、「分からない」って答えます。

きっと「分からない」って答え続ける限り、その会社を辞めることはないでしょう。

 

それが社会人ってものだ。って?

 

まさにそこ!

僕がいっっっっちばん言いたいのは!

 

「辞めたい」と思ってもなお、その仕事を続けなければならない。

いや、別にそれ自体を批判するわけじゃないんです。

働き方、社会人としての姿の良し悪しは関係ありません。

それこそ人それぞれです。

 

僕が言いたいのはですね、

 

“やりたくないことを定年までやり続けること”が当然となっているどころか、

それから逸れた考え方が”悪”とされる現状はどうなの!?

 

ってことです。

 

苦言を呈す

かつて、「将来の夢は?」って聞くと、「公務員」って答える生徒がいました。

 

もちろん大学生じゃありませんよ。

高校生でもありません。

 

驚くなかれ、

中学1年生(当時)です。

 

しかもそんな風に答えるのは、一人や二人じゃないんです。

中学3年生とか、半分くらいがそんな感じのこと、「安定した給料がもらえる仕事」みたいなことを言っていました。

 

何度も繰り返しになりますが、僕は公務員を否定するわけじゃありません。

「公務員が将来の夢です」って言う子どもが増えている現状に対して、苦言を呈しているんです。

 

「公務員になりたいです」って言っている子どもたちのほとんどは、「公務員になりたい」と思っているわけありません。

そう言わざるを得ない環境が、出来上がってしまっているからなんです。

 

本当の夢を語れば、馬鹿にされてしまう世の中。

 

そんな世の中に、苦言を呈しているんです。

 

人生は一度きり

hourglass-on-newspaper

STUDYBANK生なら知っていますが、僕は頻繁に「人生は一度きり」って言います。

前回の記事でも書いた気がしますし、その前の記事でも書いていたような気もします。

それぐらい「人生は一度きり」って言葉を口にしています。

 

「人生は一度きり」って言葉自体よく聞く言葉ですが、この意味を本当に理解している人は少ないと思います。

読んで字のごとく「人生に二度目はない」ってこと。

もっと直接的に言えば、

 

死んだら終わり

 

なんです。

 

『死ぬ前に語られる公開ベスト5』なんてランキングがあります。

オーストラリア在住のホスピス看護師(末期がん患者を担当する看護師の総称)が収集したデータで、その順位は以下の通り。

 

1位「自分自身に忠実に生きれば良かった」

2位「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

3位「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」

4位「友人関係を続けていれば良かった」

5位「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

 

こんなランキングを見せながら、STUDYBANK生には「人生は一度きり」って言っています。

僕が口にする「人生は一度きり」は、そんじょそこらの「人生は一度きり」と重みが違う、と自負しています。

だからSTUDYBANK生たちは、将来について真剣に悩んだりもします。

中には「自分のやりたいことはこれじゃない」と言って、大きく進路を変えた生徒もいます。

 

教育界に入って学んだこと

そんなわけで、僕が教育界に入って得た一番の学び。

 

「人生は一度きり」という意味と向き合えたこと

 

学び、とはちょっと違うかもしれませんが、とにかくこれが一番大きい。

僕が教育現場で一番に伝えていきたいことでもあります。

 

一度きりの人生なんだから、大きな夢の一つや二つ抱いたっていいじゃない。

それが良しとされない現状の教育システムは、やっぱり間違っていると思う。

 

皮肉にも、そんな教育システムのおかげで、「人生は一度きり」という意味と向き合えたのも事実なんですけどね。

 

いい感じにオチがついたところで、今回の記事はこの辺で。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました^^

 

記事が気に入れば、下のボタンで記事をシェアしていただけると喜びます。

いつか喜び狂った僕の写真が掲載されるかもしれません。


金沢市の教えない学習塾STUDYBANKでは、

  • 効果的に実力を上げる勉強法
  • 第一志望校合格へ向けた計画の立て方
  • 正しい復習の仕方
  • 志望校や進路の決め方・考え方

などを、無料でお伝えしています。

 

どんな悩みにも全力でお答えさせていただきますので、まずは以下のお問い合わせフォームをクリックして、無料受験相談のお申込みを!

講師一同、STUDYBANKでお待ちしております^^

お問い合わせボタン

The following two tabs change content below.
津本 高宏

津本 高宏

とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す