営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

やる気が出ると噂のインスタグラム

教育改革に備えて

大学入試で求められる力が変わります。

 

特に、『主体性を持って、多様な人々と協働して学ぶ姿勢』の評価が大きくなり、

  • 高校生活中に行った活動
  • プレゼン能力
  • ディスカッション能力
  • 社会問題について考える力

といった点が、これからの入試で求められるようになります。

 

たとえば金沢大学ではAO入試・推薦入試が、「KUGS特別入試」という新たな名称で生まれ変わります。

金沢大学が実施する学習プログラム・コンテストに参加し、所定の要件(優秀なレポートを提出した、など)を満たさなければ、「KUGS特別入試」の出願資格が受け取れません。

 

AO入試・推薦入試だけではありません。

 

これからは、

  • 「高校生活中にどんな活動をしたか」について書いた、本人記載の書類を提出する
  • 興味のある分野について調べ、レポートを作成し、グループで討論をする
  • 共通のテーマでグループディスカッションする

といった「学力以外」の試験が、一般選抜(現在の一般入試)でも行われるようになっていきます。

 

これらの新入試は、『主体性』『多様性』『協働性』と呼ばれる力を測るために行われます。

図表作成の参考:Z会公式ホームページ

 

教育改革が行われるまでの大学入試は、

  • 『センター試験』を通して、「知識・技能」を
  • 『個別試験』を通して、「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」を

評価していました。

 

教育改革が行われると、

  • 『大学入学共通テスト』を通して、「知識・技能」と「思考力・判断力・表現力」
  • 『個別選抜』を通して、「思考力・判断力・表現力」と「主体性・多様性・協働性」

評価されるようになります。

 

これらのうち「主体性・多様性・協働性」は、現在の学校の授業や行事だけでは、カバーすることが難しいといわれています。

 

そこでSTUDYBANKでは、学校がカバーしきれない「主体性・多様性・協働性」を育み、入試に活用するため、PBL(Problem Based Learning:問題解決型学習)形式の探究活動を継続的に行います。

 

探究活動の流れ

探究活動は以下の流れで行っていきます。

①興味があるジャンルを発見する

1時間のワークショップを通して、自分が「本当に興味が持てるジャンル」を見つけます。

ゲーム、お金、生き物、車、スポーツ、まちづくり、経済、小説・・・

どんなジャンルでも「探求」の可能性を秘めています。

ここからまず、「あなたの好き」を発見していきましょう。

②具体的なテーマを決める

興味のあるジャンルをもとに、具体的なテーマを設定します。

これまでに、

  • 占いを信じる人の心理とは?
  • アイスクリーム屋さんはなぜ潰れないのか?
  • ユーチューバーとして成功する方法は?

といったテーマが誕生しました。

心からワクワクする「探求テーマ」を決めてみましょう。

③テーマについて探求する

設定したテーマについて、自分自身で日常的に探求していきます。

学校以外の分野に視野を広げることで、地頭力・思考の幅が大きく広がります。

④報告・ディスカッションする

毎週、チームで集まり、1週間の探求の成果について報告し、考えを深めるためのディスカッションを行います。

各チームには1~2人の大学生が配属されます。

大学生はアドバイザーであると同時に、生徒と同じく「1つのテーマ」を持ち、生徒と一緒になって探究活動していくチームメイトです。

⑤活動報告書を作成する

テーマについて「これで満足だ」という結論・成果が出たら、これまでの活動を専用のシートにまとめます。

「何を調べたのか」、「どんな結果が出たのか」だけではなく、「どのように調べたのか」、「どこで苦戦したのか」など、探求の過程まで掘り下げて作成し、入試に活用できる形での完成を目指します。

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2019 All Rights Reserved.