営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

無料メルマガ講座、はじめました!

【塾生レポ】失敗だと思ったら、失敗や。

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

前回、STUDYBANK生が企画した「焼き芋パーティー」のイベントを終えて、生徒がレポートがてら記事を書いてくれました。

以下、本文ママのイベントレポートになります。

 


 

N.H.さんのイベントレポート

「利益があった」なんて関係ない。私が反省しかないと思ったら、反省しかないし、失敗やと思ったら、失敗や。

誰かが何と言おうと関係ない。

 

いやいや、冒頭どうした?

となる文章。

ただ反省会議中にブログ書くならこれを書きたいと思っていました。

 

塾長は”やることが大切だ”って言ってくれたけど、やっぱり予想を超えたかったのが私の正直な気持ちかな。

 

初企画イベントだったということもあり、反省点は超初歩的なんだろうなって思いますよ。

だからこそ、みんなに伝えたいなと思って今日の反省を書きます!

 

反省点

  • 共有からの指示
  • 接客
  • シュミレーション

大きくこの3つです

詳しく説明していきましょう!

 

共有について

私は基本もう1人の子とだけら多く話し合って、その時話し合って決まったことを全然共有できなかったんですね。

や、勿論私は共有してたと正直思っていたんですね。けど伝わってなくて、”あ、大雑把な説明じゃダメなんだ”と今回改めて思いました。

確かに、私だって情報共有される立場だった時、同じのようにされたら、

“え?結局どういうことなん?詳しく説明してや”

となったと思いました。

そこで私がしようと思ったこと

  • 書記ノートを共有
  • ボイスレコーダーの共有
  • 質問コーナーの設置

接客について

「私、人見知りなんですよ。だから営業とか苦手で」

こんなこと言った覚えありませんか?

私はほとんど会う人に言っている覚えがありますね…

これってあんまり良くないのかな?って思うわけです。

何故かって?

そんなの苦手意識強めてどうするん?

ということですよ。

苦手なことを誰かに任せることもよし!

だけど、私は話すのが好きなんです。

だから”人見知り”なんて言ってる場合じゃないんです。

 

そこでね、私いい案を思いついてしまったんですよ!しかもお風呂場で!!!!

 

「女子高生ブロガー兼社長の奈苗将来の夢は漫画の世界を作ること」

 

って自己紹介するって決まりを作ろうと!!

どう思いますか?最初から人見知りを感じさせないところを出していくと!

 

今回人見知りとか実際どうでもよくて、接客って大変ですよ。初めて知ったけど。

  • 立っている位置とか
  • 話し方とか
  • 余裕とか
  • 顔とか

 

こんな細かいところまで気にするんです。

確かに、私が客だったらそこら辺気にするなって思いました。

何をすべきなのか?

  • スマイル
  • 営業は受け付けカウンターの前でする
  • 焦りなんて忘れちゃう

というこの3つです!

 

シュミレーションについて

これは当日の、流れを、何度も何度も確認するってことです!実はこれをするようにと何度も先生から言われていたんですよ。

なのにできなかったのは何故だろう?

と思ったのです。

 

そしたら私はいい想像しかできてなかった。そしてそれで良いと思ったのが一番の原因でした。

ハプニングなんてないと思い込んでいたんですね。

そんなことあるか!!!経営者舐めんな!と言われるのはごもっとも。当日手伝ってくれたかたにはほんとうに申し訳なかったです。

 

最後に

今回イベントを、開くのにあったって会社の経営や商売、焼く用の器具を、集めて、くださった西山さんには最初から最後の反省会まで面倒を見てもらいました。

塾の生徒ってことで、見てくれて私は塾生でラッキーと思いつつ、私が塾生でなかったらどーなっていたか、考えたんです。多分協力はしてくれなかっただろうなって思う。

何故か?そんなの簡単で私自身からは魅力が感じられないし、成長も見られないと思われるだろうと思うからです。

しかしそんな私を成長してたと言ってくれた西山さんは最高に優しく最高の指導者だなと思いました。

そんなネガティブ思考な私が成長できたのも、協力してくれた西山さんのおかげだと思っています。

 

そしてチラシの作り方や文章の書き方を教えて下さった津本さん!

この1つのイベントで私の文章力は著しく向上したのではないかと自分でも思っています。

 

大学生の2人は私たちのミスをフォローしてくれ、配車など色々なお世話をしてもらいました。

 

そして塾の先生であるまなてぃには最終チェックや人に対する行動の取り方など沢山のことを一回の、イベントを通して教えてもらいました。

 

  • 道具を貸してくれた長谷川知大さん
  • 差し入れをくれた柚寛也さん
  • さつまいもの仕入れを手伝ってくれた食3丁目さん
  • 当日までの作業を手伝ってくれた皆さん

様々な方に協力してもらい、なんとか終えることができました。

ありがとうございました

 


 

・・・という感じで、アクティブラーニングを経験してもらった塾生には、ブログ記事を書いてもらうことにしました。

作文でもありませんし、レポートでもありません。

 

「ブログ記事」

 

です。

 

つまり

 

不特定多数の人が読む前提の文章

 

です。

 

一度やってみれば分かりますが、不特定多数の人が読む文章って、書くのにめっちゃ頭を使うんですよ。

頭だけじゃなくて神経も。

 

もしかしたら、

「いや、そんなことやって何になるの?もっと勉強させろよ!」

っていう声もあるかもですが、そんなセリフはナンセンスにも程がある。

 

どの辺がナンセンスなのか説明するのも面倒なので、今日はこの辺で。

気が向いたら、「なぜブログを書かせるのか!」っていう記事を書くかもしれません。

 

現代の教育に悩む親御さんに向けて
7通のメルマガ講座を書きました

◆STUDYBANK塾長の津本が、どんな思いで教育現場に立っているのか。
◆教育現場に表れている矛盾とは。
◆現代に求められる力は何か。
◆親が子にすべき教育とは。

などなど、ブログでは語りきれない想いをありったけ注ぎ込みました。

もちろん無料で購読できるので、お気軽に購読してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2018 All Rights Reserved.