最近あることをしたら、生徒達が自分で考えまくるようになったんだが!

 

 

どうも!STUDYBANK企画部長まなてぃです!

 

さて、ブログ大会始まりましたーーーーーーーーー!

ブログ大会とは、スタッフ全員がブログを投稿して

PV数(記事を見てもらった数)を競う大会です(^^)/

 

文書って言葉遣いや構成で個性が出ますよね~

うん。面白い!

 

今回は写真だけじゃ伝わらないSTUDYBANKスタッフの個性が伝わればいいなぁと

思っております(^^)/

よかったら、気になるタイトルのブログは「ポチっ」と見ていって下さい(‘Д’)

 

そんなわけで私は最近のSTUDYBANK生の劇的な変化について

お話していこうと思います!

 

STUDYBANK新政策

 

STUDYBANKでは最近生徒たちに、大学受験までの残り日数をよりリアルに感じてもらうため

“リミットシート”というものをスタートさせました。

このシートには、生徒が書いた毎日の理想のタイムスケジュールを基に

自分は大学受験本番までにあとどれくらいの時間勉強できるのか”が算出されています。

 

記載内容は以下4点

①全体の残り日数

②各教科にあてられる残り時間

③各教科の進み学習の残り時間

④各教科の復習の残り時間

 

それを1人1人面談しながら西山社長直々に渡してみたんです!

 

 

そしたら…

生徒たちに第1の変化到来!!!!

 

 

 

高3の夏。進み学習は残り6日分

 

リミットシートをうけとった

高校3年生の国公立大学志望のA子さん。

 

「え..うそ。1教科1週間も進み学習ないの?なんもできんやん!

え!まだまだ余裕あると思ってたのに!!!!」

 

ってアワアワしながらリミットシートをもって

私に小走りで言いにきました。

 

 

 

そうなんです。

生徒たちの気持ち的には

 

“まだ夏だから”

 

ってゆう気持ちのゆるみがまだまだあったんです。

そりゃそうですよね、だって後5か月ぐらいあるんですもん。

頑張ろう!と思っていてもどこかで

“あと5か月あるしな”って思っちゃいますよね?

 

しかし。そう。

 

“あと5か月しかない”んです。

 

 

それに気づいたA子さん。

はたして?

 

 

 

 

 

 

 

生徒たちが危機感を持ったら?

 

本番まで残り日数がないとわかった生徒達。

最初はただただ焦って

 

勉強をただただやる。

勉強をひたすらに時間の限りやる。

 

するとどうなるかって?

そうなんです。

 

 

 

 

限界がきます。

 

 

 

 

眠いし、頑張ってるのになぜかあんまり頭に入らないし

 

 

「あーーーーーーもぉぉぉおおおおおどうしたらいいの!!!!!!」

 

 

ってな感じになります。それもそのはず。

毎日なんとなーく勉強出来る時間に、なんとなーく7・8時間勉強してたのに

急に13時間とか勉強するんですもん。

身体も頭も( ゚Д゚)こんな感じ。笑

 

 

もう生徒達は困惑と勉強疲労で疲れ果てていました。

 

 

 

 

 

そしたらどうしたらいいかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちは何も教えない。

 

 

私たちがするのは

 

 

 

 

 

一緒に考えること。

 

 

ただそれだけ。

生徒達は自分が

“どう思っているのか”

“どうしたいのか”

“どうしたらいいのか”

を考える考え方がわからないだけ。

 

 

現在の状況をリミットシートを使って伝えたら

今の悩みを聞き出して、その原因を聞き出して、対策を一緒に考える。

→1週間実践→振り返り

それだけ。ただそれだけを続けていく。

 

そうすると…

 

 

 

 

 

 

 

生徒達が自分で考えまくるようになったんだが!!!!!

 

この取り組みを始めて3週間。

生徒達から

 

 

 

「先生!こういうテスト作って欲しい!」

「こういう弱点を補える教材のおススメありますか?」

「睡眠の質ってどうやったらあがりますか?」

「移動時間ってもっと有効活用できないですかね?」

「自分で勉強法調べてみたんですけど…」

「今後の計画こんな風に変えたいです!」

「計算ミスの対策したい!」

「授業をもっと効率的にしたい!」

「自分の弱点書き出してみたんで、まとめて表にしてもらえませんか?」

「この教材ってこのいう対策のためにやるんですよね?」

 

 

 

 

 

などなど。

今まで先生側が「こうしようか!」と提案していたのに

 

 

今ではただの相談相手。

 

 

 

 

 

 

 

 

決めるのは全て生徒達。

自分の弱点を分析して、対策を考えて、実行して、修正していく。

そうPDCAサイクルをグルグル回していく!!!!

 

 

 

 

 

 

 

自分の人生自分で決断していけーーーーーーーーーーーーー!!

 

せっかくの自分の人生。

自分で決断して、行動していってほしい。

やりたいことをカタチにするために挑戦し続けて欲しい。

 

生徒達は“自分がどうしたいか”に気づいていないだけなんです。

私たち先生がすること。

それは、質問しながら自分で気付いて貰うこと。

そして生徒たちと、一緒に考えること。

 

人にやらされることって頑張れないですよね?

でも、自分で決めたことってなんか頑張りたくなりませんか?

 

 

勉強は生きていく中での1つの手法です。

この手法を学んでいく中で、今後生きていく中で大事になってくることを自然と身につけてほしい。

 

そーんな風に考えながら、真剣に自分の問題に向き合う生徒達の顔を見ていた

まなてぃでした。

 

 

ってことでどんどん進化していく生徒達にこうご期待!!!!

どんどん進化していくSTUDYBANKにもこうご期待!!!!

 

 

以上。またお会いしましょう(・ω・)ノThanks!

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
福島 真菜

福島 真菜

突如東京から戻ってきたSTUDYBANKの自称ムードメーカー!とにかくお祭り事が大好き!笑 過去には、遊園地を貸し切って逃走中を行ったり、ライブ企画を行ったり…これから、ここのメンバーと「何か楽しいことをしたい」と日々ニヤニヤ妄想中。 モットーは、"人生楽しんだもん勝ち"。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

コメントを残す