営業時間 ○火~金 16時~23時 ○土日祝 13時~23時

西金沢の大学受験専門予備校・学習塾

無料メルマガ講座、はじめました!

「なんとなくやる気が出ない」と悩むなら

津本 高宏
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

どうも、STUDYBANK塾長の津本です。

 

夏も中盤に差し掛かりました。

この時期になると「なんとなくやる気が出ない」と悩み出す高校生が増えます。

正確には「やらなきゃいけないのは分かっているけど、どうも行動に移せない」という状態ですね。

 

受験勉強において「なんとなくやる気が出ない」ってのは、非常に危ない状況です。

明確な理由があるわけでもありませんから、具体的な対処法もなかなか見つかりません。

 

行きたい大学のことを調べたり、キャンパスライフのことをイメージしたりなど、将来のことを考えてモチベーションを上げるのも手ですが、すぐに効果の出るものでもありません。

そこで今回はもう少し、即効性のある対処法を紹介します。

 

必要なのは義務感と罪悪感

「自分の将来のために」というのも強い動機になりますが、その一方で「自分のためなら別に…」というネガティブな発想に至る場合もあります。

そこで重要になるのが、義務感と罪悪感です。

 

例えば極端な話、どんなにやる気が出ないという人であっても、「東大に合格しなきゃ死ぬ」ってなれば、毎日寝る間も惜しんで死ぬ気で勉強することでしょう。

これが義務感です。

ここまで大きな話でなくとも、義務感はあらゆる場面で感じるものです。

誰もが一番身近に感じる義務感は、学校の課題でしょう。

 

また、

  • 頑張らなきゃ悲しむ人がいる
  • 頑張ったら喜んでくれる人がいる

という状況があれば、勉強に対するやる気も行動力も、自然と高まっていくでしょう。

こちらは罪悪感が起因となっています。

 

義務感と罪悪感をうまくコントロールすることができれば、大きな勉強のモチベーションへとつながります。

 

あとはどうやって『義務感』と『罪悪感』を生み出すか。

実はこの二つの感情を、簡単に生み出す方法があるんです。

 

信頼できる人に勉強報告を

義務感と罪悪感を簡単に生み出す方法。

それこそが『勉強報告』です。

 

まずはあなたが心から信頼できる人に、「明日から毎日勉強報告します」と宣言してください。

ここを乗り越えればあとは簡単です。

 

報告相手にはLINEやメールなどを使って、

  • 今から勉強します
  • 今日はこれだけ勉強しました

の二点を毎日報告するようにしてください。

 

「勉強報告をしなければならない」という義務感は、そう遠くない内に『習慣』となります。

歯磨きや学校の課題などと同様に、特にやりたいわけでもないけど「やらなきゃ何か気持ち悪い」という思いに変わっていくんです。

 

しかしどんなに義務感があったとしても、サボってしまうときはサボってしまうモノ。

そんなときに、勉強報告のもう一つの大きな威力が発揮されます。

 

まったく勉強しなかったときには、「今日は勉強しませんでした」と正直に報告しましょう。

「勉強しませんでした」と報告すること自体が、猛烈な罪悪感を生み出します。

そして「明日はこんなマヌケな報告はしない!」と強く思うようになります。

報告相手が信頼できる人であれば尚更ですね。

 

友達でも、親でも、彼氏・彼女でも、塾や家庭教師の先生でも構いません。

とにかくあなたが信頼できる人に、「明日から勉強報告します」と宣言してみてください。

義務感と罪悪感をうまくコントロールして、勉強の新たな原動力を作ってみましょう。


金沢市の教えない学習塾STUDYBNAKでは、

  • 効果的に実力を上げる勉強法
  • 第一志望校合格へ向けた計画の立て方
  • 正しい復習の仕方
  • 志望校や進路の決め方・考え方

などを、無料でお伝えしています。

 

どんな悩みにも全力でお答えさせていただきますので、まずは以下のお問い合わせフォームをクリックして、無料受験相談のお申込みを!

講師一同、STUDYBANKでお待ちしております^^

お問い合わせボタン

現代の教育に悩む親御さんに向けて
7通のメルマガ講座を書きました

◆STUDYBANK塾長の津本が、どんな思いで教育現場に立っているのか。
◆教育現場に表れている矛盾とは。
◆現代に求められる力は何か。
◆親が子にすべき教育とは。

などなど、ブログでは語りきれない想いをありったけ注ぎ込みました。

もちろん無料で購読できるので、お気軽に購読してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
津本 高宏
とにかく多趣味で色んなことをやっているSTUDYBANKの塾長。 暇な生徒を見つけては、学びたての手品を見せつけたり、生徒がいない時間帯を見計らって、ギターを弾いたりしています。 毎日を全力で楽しむ大人を目指して日々奮闘中。 モットーは、"人生は、今、この瞬間から変えられる"。

コメントを残す

Copyright© 【高校生専門】金沢市の学習塾STUDYBANK , 2016 All Rights Reserved.